So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

くら寿司 [ぐるめ]


くるくるの回転すし。
くら寿司 へ行きました。

人気で待ち行列が半端無い ってことであったので、
インターネット経由で時間予約。

予約した数分前にお店に着いたのであるが、
入り口に沢山の人が並んで待っている。

が、予約の時間になると、即呼ばれて、席に案内される。

あとは、画面を見ながら注文するシステム
くら.jpg
沢山いただきました。

ということで、秀逸な予約システムにびっくり。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

編集画面が変わった? [ブログ]


ブログのエディターが変わった気がする。
soneblo_201705.jpg
 ↑ ここの部分ね。


ま、そんなに、変わったことしないんで、影響ないか。。


あと・・・
数か月前から気になっている点が一つ。

記事を書いて、写真を入れると、投降後の記事管理画面に左端に、各記事のサムネイルとして一個写真が表示されるんだけど、記事の中にYouTubeのページを組み込んだものについては、どんだけ写真を挿入してても、なぜか、YouTubeの方の絵がサムネイルに表示されるんだよね・・・
今年の1月くらいからかな・・・
これまではそんな事なかったのにね。。

ソネブロさんに問い合わせても、「キャッシュクリアしてみてください。」しか返信なくって、
再度問い合わせたら、「確認します。」で、そのままダンマリ。

皆さまは、そのような不具合ありませんか??

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

春の土用の丑の日 [うちごはん]


土用の丑の日って、夏だけでは無かった様子。

土用(どよう)とは、五行に由来する暦の雑節であって、
1年のうち不連続な4つの期間で、四立(立夏・立秋・立冬・立春)の直前の約18日間の事を示すもの。

丑の日 ってやつは、カレンダーの干支で
子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥 って割り振ったもの。

なので、春にも、秋にも、冬にも、土用があって、
そのなかにも 丑の日ってあるんだね。

で、春の土用の丑の日が本日でした。
スーパーのチラシには、ここぞとばかり、ウナギが出てます。

そんなことで、我が家もウナギ。
春の土用の丑の日.jpg

わーい。。


nice!(8)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

CD購入:L'Arc-en-Ciel TRIBUTE [音楽 -ラルク-]


中古CDを買ったので感想のネタ。
今回は、L'Arc-en-Ciel(ラルク)のトリビュートアルバムの『TRIBUTE』
L'Arc-en-Ciel TRIBUTE.jpg(KSCL-2070)

参加しているのは、海外のアーティストがメイン。
最初の10曲が海外。
BonusTracks として、そのあとに4曲が国内のアーティストかな??

参加者は以下のとおり。
-----
1.「Blurry Eyes」Vince Neil
2.「NEO UNIVERSE」Orianthi
3.「RAINBOW(虹)」TLC 
4.「HONEY」Eric Martin featuring John5
5.「READY STEADY GO」ZEBRAHEAD
6.「snow drop」Boyz II Men
7.「Vivid Colors」Maxi Priest
8.「HEAVEN'S DRIVE」Michael Monroe
9.「STAY AWAY」Daniel Powter
10.「flower」Clementine
-Bonus Tracks-
11.「SEVENTH HEAVEN」POLYSICS
12.「Shout at the Devil」SID
13.「Caress of Venus」Hemenway
14.「Driver's High」TOTALFAT
-----

ジャンルからして、ロックだけでなく、コーラスグループや、レゲエ畑もある。
ボクが聴きたかったのは、Vince Neil と、Eric Martin と、Michael Monroe

Vince Neil の「Blurry Eyes」は、原曲をケバケバシイロック調となり、原曲の浮遊感を消したもの。
独特のハイトーンは健在で、存在感抜群である。

Eric Martin の「HONEY」は、圧巻の歌声で、独特の節回しで、自分の曲って感じね。
ただ、原曲の疾走感は無くなり、歌謡曲になり下がった気もする。

Michael Monroe の「HEAVEN'S DRIVE」は、勢い重視。
飾りを取り払って、シンプルなロックに仕上がってて、いかにもって感じね。

これ以外は、完全に原曲を無視したものであったり、独特のアレンジにしたものもあったりする。
コーラスグループのものは、聞くに堪えなかったな・・・
さらには、ボーナストラックの国内アーティストは、カラオケ的のものと、意味不明のアレンジと、
何だかな・・・というもの。

何度も言っているが、カバー曲ってのは、カバーをされる側のファンではなくって、
カバーする方のファンが聞くもんだね。
今回のラルクのカバーに関しても、カバーする方のアーティストを知っているからこそ、
なるほどね。。と感じられるもの。
これが、全く知らないアーティストが、独自のアレンジしても、違和感しかないんだわな。
特に、ラルクの楽曲であると、独特の疾走感であったり、跳ねる感じや、浮遊感などのエッセンスが詰まっていて、これらがラルクサウンドのスパイスなんだが、それが感じられないアレンジなんで、違和感あって、結局原曲を超えられないって事になるんだよね。

ま、ロック畑の3人の声が聴けたんで、良いとしよう。

L'Arc~en~Ciel TRIBUTE

L'Arc~en~Ciel TRIBUTE


一番良かったのは、Vince Neil かな。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

CD購入:凛として時雨『moment A rhythm』 [つれづれ]


中古CD買ったので感想ネタ。
今回は邦楽ロック
男女混成の3ピースバンド 凛として時雨(りんとしてしぐれ)
メンバーは、TK(Vo、Gu)、345(Ba、Vo)、ピエール中野(Dr)
入手したのは、2008年発売のシングル 『moment A rhythm』

凛として時雨『moment A rhythm』.jpg(AICL-1985)

このバンド、気になってて、これまでにも数枚CD買ってます。

2006年発売の1st MINIアルバム『Feeling your UFO』
http://shiningbrightly.blog.so-net.ne.jp/2016-03-30
2009年発売の3枚目のアルバム 『just A moment』
http://shiningbrightly.blog.so-net.ne.jp/2017-03-31
2010年発売の4枚目のアルバム 『still a Sigure virgin?』
http://shiningbrightly.blog.so-net.ne.jp/2017-04-04

緻密かつ繊細な轟音ロックバンドの印象である。
今回店頭で、このパッケージを見つけ
『moment A rhythm』のタイトルで、あれこのタイトル聞いたことがあるなと思ったが、
特殊パッケージで、裏面の定価が3,000円とあったので、アルバムだと思って、買ったんだ。
中古屋さんでは300円と破格だったんでね。

が、実際の中身は、アルバム『just A moment』に収録されていた「moment A rhythm」のフルバージョンの1曲のみ。
これに、モノクロの写真集が入っているもの。

この1曲が、以前のアルバム聴いた時に、特筆すべきと称した曲。
繊細なアルペジオで始まる冷たい曲。
このアルペジオが、LUNA SEA INORAN のアルペジオの印象なのである。
通称イノペジオってやつね。
淡々とした曲であり、このシングルバージョンは、16分強と長い。
複雑な曲構成でも、プログレ的な転調もなく、とにかく淡々と進むが、
演奏がどしっとしてて聴きごたえはある。
歌詞の「冷たい感触」であったり、「12センチおきに君を刺す」ってとこから、
バンドとファンの関係を言っているのか?と思ったりね。。
曲は長いが、意外に短く感じる。
前半部分が、アルバム収録部分に近く、繊細なアルペジオと、豪快な演奏。
これに、激情のギターソロが絡まるもの。
やはり、LUNA SEA のバラードの印象なんだよね。
後半部分は、アルペジオと、途切れ途切れの歌詞で構成された実験的部分。
ナカナカ面白いモノでした。

1曲で、定価3,000円かぁ~
ま、中古だったので文句なし。

甲高い男性ボーカルが気にならなければ全然OK。

ボクは好きだよ。

moment A rhythm

moment A rhythm


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | -
直メールはこちらまで
メッセージを送る
machivuitton@gmail.com