So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

CD購入:筋肉少女帯『SISTER STRAWBERRY』 [音楽 -邦楽-]


中古CD買いましたネタ。
今回は邦楽ハードロック系。
前回に引き続き、筋肉少女帯(きんにくしょうじょたい)

先日紹介したのが、1988年発売の1stアルバム『仏陀L』
http://shiningbrightly.blog.so-net.ne.jp/2017-02-17
もうちょっと前に聞いたのが、1990年発売の4枚目のアルバム『サーカス団パノラマ島へ帰る』
http://shiningbrightly.blog.so-net.ne.jp/2016-12-09

という事で、パンクやら、コミカルの要素がありつつも、正統派ハードロックの匂いがプンプンして、なかなか良かったバンドだと評価した。

で、今回は、続きの作品。
1988年末に発売された、2ndアルバム『SISTER STRAWBERRY』
筋肉少女帯『SISTER STRAWBERRY』.jpg(803222-20)

前作1stから、ギターとドラムが脱退により変更となっており、
ギターは、ジェットフィンガーと呼ばれる、高速ギタリスト 横関 敦 が参加している。
6曲入りで、30分と非常ンコンパクトなアルバムとなっている。

オープニングは前作は同様に、ピアノの調べで始まるもの。
で、その1曲目「マタンゴ」は、高速パンクで、疾走リズムはスラッシュメタル的である。
メタル調の高速ギターが冴えるが、奇妙ヘンテコリンな歌詞に心奪われる。
2曲目「キノコパワー」は、ハードロックンロール。間奏部分のピアノとギターの掛け合いバトルがすさまじく、DEEP PURPLE風である。
3曲目「夜歩く」は、大槻ケンヂの語りで引っ張られるミディアムナンバーだが、ブリブリと響くベースが不気味で印象的。
4曲目「日本の米」は、縦ノリロックのコミカル劇場
5曲目「ララミー」は、サイケなロック。これまた歌詞が奇妙奇天烈であるね。
6曲目「いくじなし」は9分の大曲で、ドラマティックな曲で、歌詞は小説的となっている。
と、あっという間の30分。

不思議な詩世界を表現するボーカル
高速メタルギターと、曲に彩を添えるハモンドピアノ
何とも独特で、ヘンテコリンなハードロック&パンクロックにプログレが加わった感じなのである。

なんだろな・・・このアンバランスな感じに惹かれてしまうのね。。

SISTER STRAWBERRY

SISTER STRAWBERRY



SISTER STRAWBERRY(紙ジャケット仕様)

SISTER STRAWBERRY(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: トイズファクトリー
  • 発売日: 2009/07/22
  • メディア: CD


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

鶏肉調理 [ぐるめ]


日ごろ家に居ないんで、土日はサービス。
ってことで、夕食サービス。

鶏肉もものかたまりが2枚あったので、こちらを利用。
一個は、トマトソース煮込み。
もう一個は、唐揚げ

最初に、唐揚げを仕込み。
醤油&お酒に漬ける。

次に、トマトソース煮込みに向けて野菜を刻む。

再び、唐揚げの方で、先ほど漬け込んだお肉を取り出して、小麦粉をまぶす。

そんでもって、再び、トマトソース煮込みの方へ・・
こちらは後は、鶏肉炒めて、野菜を一緒に絡めて、最後にトマトソースを加えて蓋して弱火。

あとは、唐揚げを揚げるだけ。

鳥20170218.jpg

2つの工程を、併行に行ったので、バタバタでしたね。。

とは言え、まずまずの出来。

鳥から20170218.jpg

いただきます~[わーい(嬉しい顔)]


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スヌーピー? [つれづれ]


三角のお弁当箱。
実家からもらった料理の入れ物だったんですが・・・

このイラストが、 PEANUTS
と記してあるのはあるんです。。

で、SNOOPY とも書いてあるんで、スヌーピーのはずなんだけれど、
なんか違和感・・・

snopy?.jpg

ね。。
何となく、キューピーチックな少年と、
普通の四つん這いの犬。。

あれ?
こんなキャラクターだったっけ??

生協(COOP)で買ったって、実家では言っていたけれど・・・
大丈夫かしら?
nice!(17)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

CD購入:筋肉少女帯『仏陀L』 [音楽 -邦楽-]


中古CD買いましたネタ。
今回は、邦楽ハードロック系。
1980年代~90年代後半に活躍していたバンド、筋肉少女帯(きんにくしょうじょたい)
ちょっと前に、1990年発売の4枚目のアルバム『サーカス団パノラマ島へ帰る』
を入手し、あまりにも正統派メタルで驚いたんで、
別のアルバムに手を出しはじめました。
http://shiningbrightly.blog.so-net.ne.jp/2016-12-09

まずは、1stアルバムで、1988年発売のメジャーデビュー作『仏陀L』
筋肉少女帯『仏陀L』.jpg(80304-32)

まずは、異様なジャケット。
メンバー二人におばあちゃん多数。
左は 大槻ケンヂ 、右の やくざ風のサングラスは、ピアノの三柴江戸蔵
メジャーデビューまでが異様にメンバーチェンジが多かったようで、
本作は第18期メンバーだとのこと。
(おいおい、DEEP PURPLE かよ・・・と)

オープニングは、ピアノの綺麗な調べで始まり、そのまま疾走パンク「モーレツ ア 太郎」
曲中を駆け抜けていくオルガンの音が鮮明で、DEEP PURPLEのJohnLord風。
2曲目「釈迦」は、ギターが疾走するハードロックで、ピアノとの掛け合いソロが聴きどころ
3曲目「福耳の子供」は、哀愁ロック
4曲目「オレンヂ・エビス」は、ピアノの美しい調べてはじまるものの「ラッシャー木村はえらい」と不思議な歌詞で始まる、直球パンク。
5曲目「孤島の鬼」は、しっとりした序盤とパンクのブリッジに、哀愁のサビと、プログレ的展開で聴かせるもの。
6曲目「サンフランシスコ」は、キーボードが暴れる様式系の疾走曲で気持ち良い。これ名曲じゃよ。
7曲目「イタコLOVE 〜ブルーハート〜」は、へんてこりんなロック
8曲目「ノーマン・ベイツ」は、単調ロックだが、ピアノが良い味してる。
9曲目「ペテン師、新月の夜に死す!」は、ドラマチックな叙情曲

大槻ケンヂ の直球の叫びと、オカルト的な不思議な歌詞。
ボーカル的には、やはり今一つなんだけれど、なにか引き込まれる説得力があるんだね。
土台はハードロック+パンク要素であるが、
クラシック~ロックまでカバーする、ピアノの旋律が、洗練された印象となっている。
歌詞的には、ポップでコミカルなのだが、曲がハードロック調なので嬉しいわ。
ギターは普通なんだが、ピアノがとにかくいい味出してるんだな。

この前聴いた、『サーカス団パノラマ島へ帰る』は、22期メンバー。
なので、この時には、キーボードが脱退しちゃっていたんで、かなり雰囲気が違う。
あのCDはIRON MAIDEN風と思ったが、こっちの18期はDEEP PURPLEだな。

良い良い。

仏陀l

仏陀l


仏陀L(紙ジャケット仕様)

仏陀L(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: トイズファクトリー
  • 発売日: 2009/07/22
  • メディア: CD



nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

とろけるチーズじゃないチーズはとろけない [うちごはん]


温まろ~
ってことで、夕飯はグラタン

で、当初の具材が無かった・・・てことで、あり合わせでグラタンに詰め込んだそうな。

で、予想に反してなかったのが、チーズ
いつもの「とろけるチーズ」がなかったので、
のっけたのは「普通のチーズ」

これを焼き上げた結果、できたのがコチラ。

グラタン201702.jpg

あれれ?
上に乗せたチーズが、縮んでしまって、モチの様になっているんだね・・・
そんでもって、チーズは、カピカピ・・・

中は美味で、良かったんだね。

が、とろけるチーズじゃないと・・・チーズは溶けないってのが、判明しました。


nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | -
直メールはこちらまで
メッセージを送る
machivuitton@gmail.com