So-net無料ブログ作成

CD購入:Dave Meniketti『ON THE BLUE SIDE』 [音楽 -洋楽-]


中古CD買いましたネタ。
今回は、洋楽ロック。
入手したのは、アメリカのハードロックバンド Y&Tのギタリスト 
Dave Meniketti(デイヴ・メニケッティ)のソロデビュー作『ON THE BLUE SIDE』

Dave Meniketti『ON THE BLUE SIDE』.jpg(AVCB-66033)

アルバムタイトルにある通りというのか・・・
BLUES寄りのサウンドで、泣きのギター炸裂の哀愁ロック。
ブルース路線変更した当初の、Gary Moore(ゲイリー・ムーア)の感じ。
ただ、Gary Mooreの渋みはなくって、Dave Menikettiのほうが暑苦しい熱を感じる。
ヴォーカルも本人で、こっちも熱い熱唱系で、良い感じ。
12曲中4曲がインストで、許せる範囲。
ゆったりとした熱い歌モノもあれば、ノリの良いロック系もあるが、
どの曲もサスティーンの効いた泣きのギター。
大人のサウンドですな。

Gary Mooreの亡き後の後継者は彼?なんてことになるんじゃない??

PVなど無かったんで、1曲音のみ。


このジャンルはこのジャンルでイイんだけれど、もうちょっとロックしてほしいなと感じるね。

オン・ザ・ブルー・サイド

オン・ザ・ブルー・サイド

  • アーティスト: デイヴ・メニケッティ,デイヴ・メニケッティ,フェントン・ロビンソン,モース・アリソン
  • 出版社/メーカー: エイベックス・トラックス
  • 発売日: 1998/04/22
  • メディア: CD



On the Blue Side

On the Blue Side

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Dream Catcher
  • 発売日: 1999/05/24
  • メディア: CD


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

直メールはこちらまで
メッセージを送る
machivuitton@gmail.com