So-net無料ブログ作成
検索選択

CD購入:筋肉少女帯『猫のテブクロ』 [音楽 -邦楽-]


中古CD買いましたネタ。
今回は邦楽ハードロック系。
ちょっと前から、ちょこちょこと買っている 筋肉少女帯(きんにくしょうじょたい)

1988年発売の1stアルバム『仏陀L』
http://shiningbrightly.blog.so-net.ne.jp/2017-02-17
1988年末に発売された、2ndアルバム『SISTER STRAWBERRY』
http://shiningbrightly.blog.so-net.ne.jp/2017-02-20
1990年発売の4thアルバム『サーカス団パノラマ島へ帰る』
http://shiningbrightly.blog.so-net.ne.jp/2016-12-09
と、記事にしています。

で、今回はその隙間。
1989年発売の3枚目のアルバム『猫のテブクロ』
筋肉少女帯『猫のテブクロ』.jpg(80350)

正統派ハードロック+パンク+コミカル劇場+へんてこ文学世界
この不思議な要素に引き込まれちゃっています・・・

ということで、今回は3枚目のアルバムなのです。

本作では、これまでの作品で強烈な印象を残していたピアノの三柴江戸蔵が脱退し
ギターも交代し、橘高文彦と本城聡章による、ツインギター体制となっている。
このメンバーが固定となり、いわゆる黄金期であり、「90年代筋少」と呼ばれるラインナップとなる。

1曲目「星と黒ネコ(Instrumental)」
 アコギアルペジオの30秒程度のギターインスト小曲。
 ピアノ担当が居なくなっちゃったので、ギターに替わりましたって名刺かな。
2曲目「これでいいのだ」
 曲調は疾走ハードロックでカッコよいのであるが、歌詞は冤罪を歌い上げ、
 人生とは何かを問う不思議なもの。間奏部分のワルツ風の部分も含めて小さなドラマに
 仕上がっている大曲
3曲目「日本印度化計画」
 インド民謡イントロで始まる、ロックンロール曲。
 バッキング~ギターソロは完全に洋楽風なんだけれど、
 「俺にカレーを食わせろ」と叫ぶ歌詞がオチャラケ。
 カレーのCMに使われればいいのにね。
4曲目「星の夜のボート」
 一転して、哀愁バラード。泣きのギターが冴える名曲。
 大槻ケンヂのボーカルも丁寧に歌い上げていて、やれば出来るじゃん・・・と思わせるもの。
5曲目「Picnic At Fire Mountain〜DREAM ON JAMES,YOU'RE WINNING〜」
 物語の出だし的な小曲。子どものセリフで 飼い猫の名前が テブクロ であることが判り
 アルバムのタイトルとリンクする。
 で、始まるのが のんびりアコギギター曲。 
6曲目「Go! Go! Go! Hiking Bus〜CASINO ROYALE〜THE LONGEST DAY~」
 5曲目の続きで、子ども達が遠足に行く話となる、ポップ曲。
 単調な展開であるが、オーケストラをバックにしたサウンドはゴージャス。
 これもカバー曲か。
7曲目「最期の遠足」
 前の曲に続いて、遠足に行って子どもたちの話であり、山中で行方不明となるもの。
 曲中で 女性アナウンサー と 先生 の語りがあってやはりコミカルであるが、
 バックの演奏は疾走系のハードロックなのである。
 イントロ、バッキングをキュンキュン響くピッキングハーモニクスが気持ち良い。
8曲目「月とテブクロ」
 幻想的なミディアム曲。
 前曲からのつながりか?歌詞は猫がボクを探すもの。
 5曲目から8曲目はコンセプトアルバムか?
 もの悲しいギターの音色と、丁寧に歌い上げるボーカルでしっとり感。
 が、後半部分で一転して変拍子のプログレ風ハードロックも混ざる。
 アルバムのラストが引き締まる感じで終わる秀曲。
 どこか「Genesis of Mind」を想いおこす感じ。

と、全8曲で、30分と非常にコンパクトなアルバム。

前作までの、オルガンの彩りは全くなくなり、ギターの主張が激しくなった音となったが、
「これでいいのだ」

不思議な詩世界をコミカルに表現するボーカル
速弾きギターと、どっしりしたリズム隊。
音はさらに正統派ハードロックに寄っているが、ここにコミカル要素があるのが変なんだよね。

なんだろな。
普通のハードロックの方が聴けると思うのに、筋肉少女帯を聴くのは普通とは異なった別の楽しさを追い求めているのかもしれないな。。




猫のテブクロ

猫のテブクロ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: トイズファクトリー
  • 発売日: 2009/08/19
  • メディア: CD



猫のテブクロ

猫のテブクロ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: (unknown)
  • メディア: CD


nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
直メールはこちらまで
メッセージを送る
machivuitton@gmail.com