So-net無料ブログ作成
音楽 -邦楽- ブログトップ
前の5件 | -

CD購入:山崎まさよし『the BEST BLUE PERIOD』 [音楽 -邦楽-]


CD買ったので感想。
今回は邦楽。
J-POPに分類されるかな。
山崎まさよし さんである。
入手したのは、2005年発売のベスト盤『the BEST BLUE PERIOD』
山崎まさよし『the BEST』.jpg(UPCH-1431/2)

1995年のデビューシングルから、2004年までのシングル曲を全て収録。
2枚組で18曲収録とみっちり。
中のCDケースは、ジャケット同様に濃紺のカラートレイ。
キチンと聞くのは初めてでありました。
「セロリ」、「One more time, One more chance」は有名ね。
アップテンポな軽快ポップと、ほんわかバラード曲が多い。
曲構成はシンプルで、温かみのあるもの。
生楽器の生音を大事にし、歌を聞かせるものね。
ジワリと身に沁みてくる感じが多かったな。
日本人だな~と思ってしまうもの。

たまの休日に、ふわりと聞くのにいい感じでした。
YAMAZAKI MASAYOSHI the BEST/BLUE PERIOD

YAMAZAKI MASAYOSHI the BEST/BLUE PERIOD

  • アーティスト: 山崎将義,森俊之,中村キタロー,萩原健太,江川ゲンタ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルJ
  • 発売日: 2005/09/21
  • メディア: CD
BLUE PERIOD-Complete SOUND+VISION PACKAGE~Limited Edition(DVD付)

BLUE PERIOD-Complete SOUND+VISION PACKAGE~Limited Edition(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: UNIVERSAL J(P)(M)
  • 発売日: 2008/12/10
  • メディア: CD
YAMAZAKI MASAYOSHI the BEST/BLUE PERIOD

YAMAZAKI MASAYOSHI the BEST/BLUE PERIOD

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: NAYUTAWAVE RECORDS
  • 発売日: 2012/11/07
  • メディア: CD



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

CD購入:槇原敬之『Completely Recorded』 [音楽 -邦楽-]


CD買ったので感想。
今回は、邦楽ポップ。
どんなときも~♪ の 槇原敬之である。
入手したのは、2004年発売のベスト盤『Completely Recorded』

槇原敬之『Completely Recorded』.jpg(WPCL-10117-8)
1990年のデビュー曲「NG」から、
2004年時点での最新シングル「優しい歌が歌えない」までの、
全シングル曲31曲を発売順に収めたもの。
J-POP全盛期の1990年代。
好んでは聴かなかったが、色んなところで流れていたな。
サビの部分は、聞いたことのあるものも結構ある。
陽気なお気楽ポップスと、切ないバラードの2パターンかな。
サビで転調するメロディーラインと、詩的な歌詞が独特かな。
前半部分は懐かしいものばかり。
Completely Recorded

Completely Recorded

  • アーティスト: 槇原敬之,Andy Goldmark,西平彰
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2004/08/25
  • メディア: CD




nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

CD購入:彩冷える-ayabie-『六花星』 [音楽 -邦楽-]


CD買ったので感想。
今回も、ビジュアル系ね。
彩冷える-ayabie-(あやびえ)なるバンド。
5人編成のバンドで、2004年結成、2009年メジャー・デビューで、2010年に活動休止。
2010年には、ボーカルを除いた4人がバンドを脱退し、その翌月に、AYABIE なる同じ読みの別バンドを結成したっていうもの。脱退の理由は、音楽性でもなく、事務所の経営の問題とのことで、なんだか、どこかのジャニーズグループみたいね。
と、雑学でしたが。。
入手したのは、2007年発売のアルバム『六花星』

彩冷える-ayabie-『六花星』.jpg(SDR-150)

全体のイメージは、スピーディーなポップロック。
ボーカルは線が細く、ちょっぴり高音。
バックの演奏は、とにかく軽くって薄い。
ギターは、シャラシャラと鳴っているし、ベースもドラムも軽め。
ギターソロの部分のみが、ハードロック的か。。
白玉系という区分として、クリアな音と言って評価する事もできるが・・・
未完成のPENICILLIN・・・のイメージね。

哀愁の「ラストノート」、疾走系のスピーディーな曲「ストリートイブ」が耳に残ったかな。

六花星

六花星

  • アーティスト: 彩冷える
  • 出版社/メーカー: SPEED DISK
  • 発売日: 2007/11/28
  • メディア: CD

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

CD購入:ダウト『CARNIVAL浮世』 [音楽 -邦楽-]


CD買ったので感想。
今回は、邦楽ロックで、ヴィジュアル系と区分されるもの。
ダウト なるバンド。
2006年結成の5人組バンド。
入手したのは、2010年発売の4枚目のアルバム『CARNIVAL浮世』

ダウト『CARNIVAL浮世』.jpg(GNCL-7018)

バンド枚が聞き覚えあっただけで、あとは、中古屋さんで見かけて200円だったので、
ジャケ買いと、額買いってやつね。

バンドのサウンドは、ポップ系のハードロック。
ボーカルは軽めの甘めで、どこか、DAIGOに似ている感じ。
特にどの楽器がすごいとか、カッコイイフレーズがあるって目につくところはなかったが、
程よくポップで、程よくメロディアスってところが売りかな。

楽しくロック楽しみましょう。って感じのコンセプトね。

ま、いわゆる最近の多様化しているヴィジュアル系バンドの一個ね。


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

CD購入:SCREW『SCREW』 [音楽 -邦楽-]


CD買ったので感想。
今回は、邦楽ハードロック。
いわゆるヴィジュアル系ね。
入手したのは、SCREW(スクリュー)なるバンド。
5人編成のギター二本のバンド。
2006円結成で、2016年解散してしまっている。
wikiによると、ギターの和己 って人の出身が、鳥取県なのね。
あ~それだけでも親近感。
で、入手したのは、2013年発売のメジャー1st作品『SCREW』
SCREW『SCREW』.jpg(TKCA-73931)

音は、ダーク寄りな正統派ハード系。
ヴォーカルは、くぐもった感じの腹の底から絞り出すような感じで、よくある感じ。
曲によっては、吐き捨て系のグロウルっぽいものもある。
ツインギターがザクザクと突き進む感じの曲が多く、
イメージは初期の Dir en grey(小文字の頃ね)
最近で言うと、Gazetteかな。
程よくメロウで、全体的にはダーク。
バラードは適度に壮大。
へヴィーな曲は適度に重く、疾走曲は程よく心地よい。
と、全体的にコンパクトにまとまっている感じはあるな。
良く出来ているが、飛び出る何かが無いのが、勿体ない感じね。

SCREW

SCREW

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: 徳間ジャパンコミュニケーションズ
  • 発売日: 2013/07/10
  • メディア: CD





nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - 音楽 -邦楽- ブログトップ
直メールはこちらまで
メッセージを送る
machivuitton@gmail.com