So-net無料ブログ作成
音楽 -邦楽- ブログトップ
前の5件 | -

CD購入:baroque『sug life』 [音楽 -邦楽-]


中古CD買ったので感想ネタ。
今回は邦楽ロック系。
ジャンル的にはヴィジュアル系ロック。
baroque(バロック)
2001年結成~2004年解散。2011年再結成。
メンバーの交代脱退などで、結果としてボーカルとギターのみ正式メンバーの二人ユニット。
入手したのは、2004年発売のデビューアルバム『sug life』
baroque『sug life』.jpg(SFCD-0033)

曲は軽めのポップ系。
ボーカルが甘めのフワフワした感じであり、曲のイメージと合わせて
どこか Plastic Tree(プラスティック トゥリー)に近いかな。
スクラッチや、デジタル音も入ってきてて、どこか新ししめの匂いがする。
綺麗に全体的にまとまっている感じ。
ふわふわした浮遊感が心地よい感じではあるね。

sug life

sug life

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Fire Wall Division
  • 発売日: 2004/09/01
  • メディア: CD

nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

CD購入:坂本龍一『BTTB』 [音楽 -邦楽-]


中古CD買ったので感想ネタ。
今回は邦楽。
YMOのピアニストというか、音楽家でイイのかな、
以前から気になっていた、坂本龍一氏の作品。

LUNA SEA的視点からすると、YMOフリークのSUGIZOが敬愛しているだけでなく、
1997年の彼のソロアルバム『TRUTH?』にて、「LUNA」って曲でピアノ参加している点で注目。

そんなわけで、もう一人のRYUICHI氏の作品である。
入手したのは、1999年発表の『BTTB』
坂本龍一『BTTB』.jpg(WPC6-10010)

作品はインスト。
大半がピアノのみの独演会。
そのどれもが、もの悲しい旋律で透明なサウンド。
癒されるという感覚ではなく、切なさを感じる曲である。
当時流行したリゲインCMの「energy flow」は収められていないので要注意。
中盤は民族音楽的楽曲もあり、ピアノ以外の音が入ってくるため、小休止といった所か。
その後は、再びピアノインスト。
物悲しい曲はどれも何とも言えないのだが、ラスト手前の14曲目「aqua」は秀逸

ピアノ一本でここまでの世界と構築するのってすごいな思う。
これで飽きないんだからね・・・
これが、ギターインストだったらどうなのだろうか??ちょっと疑問。

このアルバムに先月からハマっていて、よく流していたのであります。
SUGIZOの「LUNA」を思い出してこちらも聴いたりしてました。。

BTTB

BTTB

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ダブリューイーエー・ジャパン
  • 発売日: 1999/02/24
  • メディア: CD
ウラBTTB

ウラBTTB

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ダブリューイーエー・ジャパン
  • 発売日: 1999/05/26
  • メディア: CD
BTTB

BTTB

  • アーティスト: 坂本龍一,坂本龍一
  • 出版社/メーカー: ダブリューイーエー・ジャパン
  • 発売日: 1998/11/26
  • メディア: CD

nice!(18)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

CD購入:HY『TRUNK』 [音楽 -邦楽-]


中古CD買ったので感想ネタ。
今回は、邦楽ロック。
沖縄出身の5人組バンド HY
入手したのは、2004年発売の3枚目のアルバム『TRUNK』
HY『TRUNK』.jpg(CLCD-20003)

男女のツインボーカル
音楽的には、ゆず 風の爽やかな青春ポップと、ロックテイストと、ラップ的音楽の入り混じり。
甘い男性ボーカルと、あくのある伸びやかな女性ボーカル。
あ~沖縄的ねって思わせる三味線風の音や、メロディーラインがしばしば。。
普通のバントとはちょっと違った個性ね。
ラストの「Song for・・・」って曲が印象的でした。

はい。。

TRUNK

TRUNK

  • アーティスト: TUN,仲宗根泉,新里英之
  • 出版社/メーカー: (音)東屋慶名建設
  • 発売日: 2004/09/24
  • メディア: CD
TRUNK

TRUNK

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: (音)東屋慶名建設
  • 発売日: 2006/03/15
  • メディア: CD




nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

CD購入:マキシマムザホルモン『ロッキンポ殺し』 [音楽 -邦楽-]


中古CD買ったので感想ネタ。
今回は邦楽ロック。
4人組のハードコア系バンド マキシマムザホルモン
入手したのは、2005年発売の4枚目のアルバム『ロッキンポ殺し』

マキシマムザホルモン『ロッキンポ殺し』.jpg

ジャケットは、かの「珍遊記」の漫画太郎 作のモノでインパクトでかいわ。。

曲は、怒涛の勢いと、疾走感。
そんでもって、へんてこなメロディーと、意味不明の歌詞の連発。

ハードコアというか、パンクというか、独特のメロディー感。
元気になれると感じなのだが、聴き終わった後何も残らない・・・

こういったジャンル好きな人には最高なのかなと。
もう少しメロディ欲しいわ。。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

CD購入:安全地帯『GOLDEN BEST』 [音楽 -邦楽-]


中古CD買ったので感想ネタ。
今回は、邦楽ポップス。
1980年代後半活躍してたご存じ、安全地帯(あんぜんちたい)
5人組のバンドのようなのだが、ボーカルの玉置浩二以外は知らないんだな・・・

入手したのは、ベスト盤『GOLDEN BEST』
安全地帯『GOLDEN BEST』.jpg(UPCY-9259)

パッと見たところヒット曲満載。

ーーー
1. ワインレッドの心
2. 真夜中すぎの恋
3. 恋の予感
4. 熱視線
5. 悲しみにさよなら
6. 碧い瞳のエリス
7. プルシアンブルーの肖像
8. 夏の終りのハーモニー
9. Friend
10. 好きさ
11. じれったい
12. I Love Youからはじめよう
13. 微笑みに乾杯
14. あの頃へ
15. ひとりぼっちのエール
16. 月に濡れたふたり (ライブ)
17. We’re alive (ライブ)
---
ボクの知っているあの曲もこの曲も収録。
覚えているのは小学生の頃の歌番組かな??
CDに収められている曲は半分以上聞いたことがあるんだな。

腹の底からそっと吐き出すような深みのボーカル。
バックの演奏は、リズムを刻むことに終始徹しているかの如くの専年ぶり。

30年前の曲なのに、古臭さはない。
全体的に感じるのは、哀愁だね。

夜な夜なじっくり聞くのがお勧めね。。
安全地帯 ゴールデン☆ベスト

安全地帯 ゴールデン☆ベスト

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルミュージック
  • 発売日: 2006/07/05
  • メディア: CD
ゴールデン☆ベスト 安全地帯[スペシャル・プライス]

ゴールデン☆ベスト 安全地帯[スペシャル・プライス]

  • アーティスト: 安全地帯,松尾由紀夫,星勝,BAnaNA,中西康晴
  • 出版社/メーカー: USMジャパン
  • 発売日: 2012/12/05
  • メディア: CD

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - 音楽 -邦楽- ブログトップ
直メールはこちらまで
メッセージを送る
machivuitton@gmail.com