So-net無料ブログ作成
検索選択
音楽 -邦楽- ブログトップ
前の5件 | -

CD購入:Nothing's Carved In Stone『Silver Sun』 [音楽 -邦楽-]


中古CD買ったので感想のネタ。
今回は邦楽ロック系。
エモーショナルロック系となるのかな?
Nothing's Carved In Stone(ナッシングス カーブド イン ストーン)である。

先月まとめて入手したのでちょっと紹介してます。

2010年発売の2枚目のアルバム『Sands of Time
http://shiningbrightly.blog.so-net.ne.jp/2017-08-23

2011年発売の3枚目のアルバム『echo』
http://shiningbrightly.blog.so-net.ne.jp/2017-08-24

今回は、2012年発売の4枚目のアルバム『Silver Sun』
Nothing's Carved In Stone『Silver Sun』.jpg(ESCL-3945)

今までの印象は、バンドの音がギュッと詰まった感じの直球ロック。
で、今作も同様の印象であるが、さらにシンプルで、贅肉がそぎ落とされた感じ。

バックの音の密度と、ふわっとした中音ボーカルがうまく絡んでいる感じ。
曲はコンパクトにまとまっているが、ギターもベースも要所要所でいい仕事している。

12曲中、ほぼ英語歌詞であり、日本語歌詞を含むのは3曲。
その関係もあり、音世界は洋楽なんだよな。。
ドラムとベースの絡む感じは、ロックと云うより、ジャズっぽい。。
(なにが?どこか?と言われると説明できませんが・・・)

でも、完全な洋楽って事もなく、どこかに和のテイストは感じるんだな。

もう少しサビがパキッとしててメロディアスであれば申し分ないかな。
あと、こじんまりとまとまりすぎてて、華が無い印象があるんだな。

といっても、良質のロックアルバム。
なかなかイイバンドだと思う訳です。。


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

CD購入:GUNIW TOOLS『FICKLE BOON』 [音楽 -邦楽-]


中古CD買ったので感想ネタ。
今回は邦楽ロック
GUNIW TOOLS(グニュウ ツール)なるバンドで、1990年から2000年までの活動。
また、2014年に復活している様子。
メンバーは、
Vo:FULL、Gt:ASAKI、Gt:JAKE となっているんで、ユニット的。

入手したのは、1999年発売の5枚目で、ラストのアルバム『FICKLE BOON』
GUNIW TOOLS『FICKLE BOON』.jpg(VICL-60471)

サウンドは、ダークなロック+エレクトロ
ヴォーカルの雰囲気が、BUCK-TICKの櫻井敦司 氏を軽くしたような感じ。
これに暗めのエレクトロサウンドが絡むので、どこかBUCK-TICK風
イメージは『SEXY STREAM LINER』かなぁ。。。
ただ、バンド構成上仕方ないのかもしれないが、リズムが明らかに打ち込み。
これが、とにかく単調なビートなんで、なんか盛り上がらないんだな。
ちょっぴりダンサブルな曲、ちょぴりメロディアスなモノ、ちっぴりゆったりとしたものと、
何となく曲のパターンはあるが、どれもが、ちょっぴり・・・って感じで、メリハリにかけるかな。

とにかく暗いエレクトロ。
退廃的と表現した方がいのかな。。

もうちょっとだなぁ~。惜しい感じ。。。。


nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

CD購入:MUCC『THE END OF THE WORLD』 [音楽 -邦楽-]


中古CD買ったので感想ネタ。
今回は邦楽ロック
ジャンル的には、ビジュアル系・・・ネオビジュアル系ね。
現ネオビジュアル系の雄と称される、MUCC(ムック)

数年前のLUNA SEAカバー「Dejavu」が素敵であり、ボク的には好きなバンド。
入手したのは、2014年発売の12枚目のアルバム『THE END OF THE WORLD
MUCC『THE END OF THE WORLD』.jpg(AICL-2683-4)

ジャケット真っ黒で、写真綺麗に映らない・・・

リズム隊の音が重くって、ボーカルがドロドロ叫ぶ感じで、異質な音。
初期の頃は、暗いお部屋のどろどろした感じであったが、近年の作品は、ラウドな感じ。

ジャンルとしては、メロコア系?となるのか・・・
今回の作風は、さらにヘヴィになったのかな。
歌メロは完全に歌謡曲風であるのだが、サウンドはダークなロック。
メロコアなのに演歌調という不思議な組み合わせ。。
どこかイエモン的・・・あちらは、グラムロックに演歌なのね。

とにかく、歌メロがしっかりしてて、メロディーが明確で覚えやすい。
演歌的と称したのであるが、なんか親しみやすいんだよね。
これに、絡んでくるドロッとしたリズム。

不思議な感じなのね。。




nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

CD購入:Nothing's Carved In Stone『echo』 [音楽 -邦楽-]


中古CD買ったので感想のネタ。
今回は邦楽ロック系。
昨日に引き続き、Nothing's Carved In Stone(ナッシングス カーブド イン ストーン
昨日は、2010年発売の2枚目のアルバム『Sands of Time』
http://shiningbrightly.blog.so-net.ne.jp/2017-08-23

今回はその次、2011年発売の3枚目のアルバム『echo』
Nothing's Carved In Stone『echo』.jpg(GUDY-2008)

この前聴いた前作品では、
厚めのサウンドの直球系のロックンロール と称したが、
本作品では、メロディーラインに哀愁が加わった感じ。

いかにもバンドサウンドって感じの、飾り気のない音であるが、
メロディアスになり、魅力が増した。
耳を惹くのが、ベースライン。
ブリブリとヘンテコな音が鳴っている。
また、前作はほぼ英語歌詞であったが、こちらでは、日本語歌詞が数曲。
その分、何か聞きやすさが増したかな。

雰囲気は、洋楽。
されど、日本人臭さがあるバンド。

なんかイイ感じ。

echo

echo




nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

CD購入:Nothing's Carved In Stone『Sands of Time』 [音楽 -邦楽-]


中古CD買ったので感想のネタ。
今回は邦楽ロック系。
2009年に活動開始の4人組
Nothing's Carved In Stone(ナッシングス カーブド イン ストーン
名前長い~
訳すと、「何も彫られていない石」ってなるので、
”無名の新人”って意味にもとれるし、”ここから歴史刻むぜ”って感じも受ける。

で、入手したのは 2010年発売の2枚目のアルバム『Sands of Time
Nothing's Carved In Stone『Sands of Time』.jpg(GUDY-2004)

ELLEGARDENのギタリストが、バンドの活動休止の時に、
ストレイテナーのベーシスト、これにドラマー、ボーカルと順次拾われて構成。

ELLEGARDEN も ストレイテナー も名前は聞いたことあるね。

で、初めて聞く このバンドの曲。
厚めのサウンドで、解放的なモノ。
直球系のロックンロール で、憂いなど皆無。
なので、英国というよりも、アメリカの能天気さを感じるもので、
広大な土地を突っ走るのにいいかもね。

シンプルで飾のないサウンド、
ま、アリかな。。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - 音楽 -邦楽- ブログトップ
直メールはこちらまで
メッセージを送る
machivuitton@gmail.com