So-net無料ブログ作成
音楽 -邦楽- ブログトップ
前の5件 | -

CD購入:Acid Black Cherry『Acid BLOOD Cherry』 [音楽 -邦楽-]


中古CD買ったので感想ネタ。
現在活動停止中のバンド Janne Da Arc(ジャンヌダルク)
ボーカル yasu によるソロプロジェクト Acid Black Cherry(アシッド・ブラック・チェリー)

伸びやかなハイトーンが心地よくって、ボク的には好きなんだわな。。
コンスタントにアルバム出しているようで、
2007年から2017年までに正式なアルバムは4枚。
カバー4枚、企画もの1枚。
今回入手したのは、2017年発売(あ、今年ね)の企画アルバム『Acid BLOOD Cherry』
Acid Black Cherry『Acid BLOOD Cherry』.jpg(AVCD-32272/B)

企画アルバムとあったのは、正式アルバムはすべてyasuの作詞・作曲・編曲であったのだが、
今作では楽曲が全てyasuと関連するミュージシャンによる楽曲。

全10曲で、defspiralのRYO、DIE IN CRIESの室姫深、La'cryma ChristiのHIRO、SHUSEといった、バックバンド陣のもの。
基本的には、ダークなハードロック路線。
突き抜ける心地よいボーカルは健在。
バックの演奏はゴリゴリ系で、この中を舞う歌声だけが透明な感じ。
英語歌詞が多いので、洋楽的な雰囲気を感じる。
ただ、英語歌詞であると、どこか心に染み込んでこないんだけれどね・・
とにかく、ギターがザクザク刻み、ベース&ドラムがズンズンと重低音。
攻撃的でカッコよいダークハードで良く出来た作品ではある。

洋楽至上主義の人に来てほしい作品だね。

Acid BLOOD Cherry (DVD付き)

Acid BLOOD Cherry (DVD付き)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: motorod
  • 発売日: 2017/06/21
  • メディア: CD
Acid BLOOD Cherry

Acid BLOOD Cherry

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: motorod
  • 発売日: 2017/06/21
  • メディア: CD





nice!(6)  コメント(0) 

CD貰った:りんりん娘『永遠の風紋』 [音楽 -邦楽-]


知り合いから貰ったCD

りんりん娘 なるグループの『永遠の風紋』
りんりん娘『永遠の風紋』.jpg

NHKの「おーいニッポン」の番組のオリジナルソングで
その鳥取県verみたいね。

適当な品かと思ったが、
作詞:秋元康/作曲:後藤次利 という、売れっ子チーム。

へぇ~こんなのにも出てくるんだねと、ビックリ。

意外に貴重だったりして・・・

永遠の風紋

永遠の風紋

  • アーティスト: りんりん娘,秋元康,若草恵
  • 出版社/メーカー: 日本クラウン
  • 発売日: 2003/12/20
  • メディア: CD

nice!(3)  コメント(0) 

DVD購入:COMPLEX『BE MY BABY』 [音楽 -邦楽-]


中古屋さんで見つけたDVD
普段はあまり映像作品には手を出さないんだけれど、珍しかったので買ったもの。
入手したのは、COMPLEX(コンプレックス)のもの。
ご存じ、ボーカルが吉川晃司と元BOØWYのギタリスト 布袋寅泰の2人によって結成されたユニット
活動期間は、1988年から1990年と超短命。
で、その後発売されたミュージックビデオ集『BE MY BABY』
COMPLEX『BE MY BABY』.jpg
当時発売されたMV集『BE MY BABY』、『romantic extra』をくっつけたもの。
収録されているのは、

「BE MY BABY」
「PRETTY DOLL」
「1990」
「HALF MOON」
「GOOD SAVAGE」
「MAJESTIC BABY」
「BLUE」
「RAMBLING MAN」*ライブ映像
「恋をとめないで」*ライブ映像

やはり、破壊力あるのは、「BE MY BABY」
背景真っ白の狭い空間の中を、吉川&布袋の二人が行き来するもの。
別撮りなのか?と思うくらい二人がぶつからないのが不思議。。
曲として好きなのは、「1990」「恋をとめないで」だな。

 




いやいや、インパクトでかいわ。。
あれ、やっぱり合成??



nice!(6)  コメント(0) 

CD購入:ONE OK ROCK『BEAM OF LIGHT』 [音楽 -邦楽-]


中古CD買ったので感想ネタ。
今回は邦楽ロック。
今や有名なバンド ONE OK ROCK(ワンオクロック)
入手したのは、2008年発売の2枚目のアルバム『BEAM OF LIGHT』
ONE OK ROCK『BEAM OF LIGHT』.jpg(AZCL-10017)

ざっと流して聴いた第一印象で言うなら、
ジャンル的には、ハードロックと云うより、ラウド系パンクかな。

日本語詞と英語詞が半々ずつ位か混じり合う歌詞。
ボーカルは、力強く若干ハスキーな声であるが、伸びやかで心地よいな。
軽快なギターと、はねるリズムといった所か。
音的にどこか古い80年~90年代の洋楽ロックの匂いもするんだな。
全体的に明るめで、ノリノリで、前向いて頑張っていこうぜ~♪ って匂いを感じた。

ボーカルの美味くなったMotley Crue(モトリークルー)ってのが、ボクの感想。
もっとゴリゴリしていてもいいかな。

日本のバンドとしては、邦楽臭くなくって、イイ感じね。

BEAM OF LIGHT

BEAM OF LIGHT

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Aer-born
  • 発売日: 2008/05/28
  • メディア: CD






nice!(3)  コメント(0) 

CD購入:BUG『FREAK e.p.』 [音楽 -邦楽-]


中古CD買ったので感想ネタ。
今回は邦楽ロック。
BUG(バグ)
現D'ERLANGERのハスキーボーカルKyoを中心としたバンド。
結成時は、1990年~1995年に活動していたバンド DIE IN CRIESのメンバー4人のうち、現ラルクのyukihiroを除く3人+ドラムで構成。

Kyo:Vo
室姫深:Gt
TAKASHI:Ba
FURUTON:Dr

であったが、ギターの室姫さんが脱退し、新たに GUNIW TOOLS の ASAKI が加入したもの。

で、入手したのは2002年発売のミニアルバム『FREAK e.p.』
BUG『FREAK e.p.』.jpg(DCCA-18)

kyo というだけで、DIE IN CRIES のスピーディーでメロディアスなハードロックであったり、
D'ERLANGER の ドラマティックなハードロックを期待したのだが、このBUG は違った。
簡単にジャンル分けすると、パンク系のハードロック。

ボーカルもどこか、乱暴な感じで軽い。
バックの演奏はシンプルで、縦ノリ系の曲が多いかな。
曲によっては、完全に黒夢。
清春風のボーカルと、パンクロックなのね。
なんだろな・・・期待していたが、もうちょっとね。
はやり、メロディーラインがクッキリしている方が好きなのね。
やっぱ、D'ERLANGER を聴こう。。


FREAK e.p.

FREAK e.p.

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SPACE SHOWER MUSIC
  • 発売日: 2002/12/18
  • メディア: CD

nice!(8)  コメント(0) 
前の5件 | - 音楽 -邦楽- ブログトップ
直メールはこちらまで
メッセージを送る
machivuitton@gmail.com