So-net無料ブログ作成
音楽 -洋楽- ブログトップ
前の5件 | -

CD購入:THE BEALTES『1962-1966』『1967-1970』 [音楽 -洋楽-]


中古CD買ったので感想ネタ。
洋楽ポップ。
皆さんご存知 THE BEATLES(ビートルズ)
購入したのは、ベスト盤『1962-1966』『1967-1970』
THE BEALTES『1962-1966』『1967-1970』.jpg

アルバム2枚、『1962-1966』『1967-1970』であり、
シングル曲中心のベスト盤。
初期~中期の『1962-1966』は左の方で、ケース赤いんで通称『赤盤』
中期~後期の『1967-1970』は右の方で、ケースは青いんで通称『青盤』

アルバムはそれぞれ2枚組。
赤盤は、13曲+13曲
青盤は、14曲+14曲収録で、全部で54曲
これでも、代表曲の抜粋なのかね。
通して聴いたんだけれど、聴いたことあるものが 2/3 以上かな。
メロディ分かりやすくって、耳に残るもの多いね。。
前半は、明るくポップなものが目立つが、後半はしっとりしたものが目立つかな。
なんかほんのり楽な気持ちで聴けるな。
うん、なんかいいわ。。

どうしても、小さい頃聞いた「ポンキッキ」の思いがあるわな。
うんうん。。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

CD購入:PETER CETERA『SOLITUDE/SOLITAIRE』 [音楽 -洋楽-]


中古CD買ったので感想ネタ。
今回は洋楽ポップ。

ご存じ、元CHICAGO(シカゴ)のボーカル
PETER CETERA(ピーター・セテラ)のソロ作。
入手したのは、CHICAGO脱退後初の作品で、1986年の作品『SOLITUDE/SOLITAIRE』
PETER CETERA『SOLITUDESOLITAIRE』.jpg(32XD-522)

実はこれ、中学生の時によく聴いたアルバムの一枚。
a-ha、WHAM!、DURAN DURAN に並んで、CHICAGOも聞いていたからね~
とにかく、このアルバムは当時のカセットテープで繰り返し聞いていたもの。

a-haにしても、彼にしても、甘く透き通るボーカルが、
日本人からは感じることのできない心地よさがあったんだよな。。
WHAM!、DURAN は、とにかく耳に残るメロディーと、軽快な心地よさかな。

で、彼のアルバムである。
まず、有名なバラード曲「Glory Of Love」「The Next Time I Fall」が収録されており、
ここだ目玉となってしまいがちであるが、これ以外の曲は、どれも軽快なポップス。
透き通ったハイトーンで、歯切れのよい歌い方が耳に心地よい。
サウンドはデジタルを含んだポップスであるが、嫌ではないな。

すがすがしい夜明けに聞くって感じかな。

とにかく、懐かしい。
と、思わず買ってしまったCDであった。




nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

CD購入:ORIANTHI『HEAVEN IN THIS HELL』 [音楽 -洋楽-]


中古CD買ったので感想ネタ。
今回は洋楽ロック。
あの、MICHAEL JACKSONが認め、バックバンドにと呼んだ女性ギタリスト。
ORIANTHI(オリアンティ)

これまでにも彼女のアルバム買ってて、記事にしてます。

2006年発売のデビューアルバム『Violet Journey』
http://shiningbrightly.blog.so-net.ne.jp/2012-12-18
2009年発売の2枚目のアルバム『BELIEVE』
http://shiningbrightly.blog.so-net.ne.jp/2012-02-27

今回は、2013年発売の3枚目『HEAVEN IN THIS HELL』
ORIANTHI『HEAVEN IN THIS HELL』.jpg(UICO-1246)

以前に聴いた1stは、基本ハードロックでありながら、ブルーズ的な要素も含んだもの。
2ndは、ハードロックテイストのロックで、ちょっと軽快な感じ。

彼女自身のボーカルもパワフルでかつ爽やか。
ギターは、ギュンギュン弾いてて、曲のバックでも色々鳴っている感じ。
今回は、どこか土着的で、ブルージーな感じの曲が多いかな。。
ギターは、GIBSON的というのが、アタックの強い太い音。
以前は、Steve Vai のイメージであったが、今回は GARY MOORE風でもあるな。
前に比べると、パキッとした単純明快な軽快ロックは数曲しかなく、
あとは、ブルージーなどっしりした感じのもの。
曲の雰囲気は地味になったが、ギターとしては、ワチャワチャとなってて賑やかではある。
テクニカル ではあるが、プレイを聴かせるんじゃなく、音を聴かせる感じね。

ガールズロック っていうのかな。
演奏しっかりしているんで、安心して聴ける。

イイんじゃないかな。
ヘヴン・イン・ディス・ヘル

ヘヴン・イン・ディス・ヘル

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル インターナショナル
  • 発売日: 2013/03/13
  • メディア: CD
Heaven in This Hell

Heaven in This Hell

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Waterfront Records
  • 発売日: 2013/03/12
  • メディア: CD



nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

CD購入:JUDAS PRIEST『Redeemer Of Souls』 [音楽 -洋楽-]


CD買ったので感想ネタ。
今回は、洋楽メタル。
英国が誇る、ヘヴィメタルバンド JUDAS PRIEST(ジューダス・プリースト)
入手したのは、2014年発売の最新作となる17枚目のアルバム『Redeemer Of Souls(贖罪の化身)』
JUDAS PRIEST『Redeemer Of Souls』.jpg(SICP-30618)

メンバーは、
Vo:Rob Halford(ロブ・ハルフォード)
Gt:Glenn Tipton(グレン・ティプトン)
Gt:Richie Faulkner(リッチー・フォークナー)
Ba:Ian Hill(イアン・ヒル)
Dr:Scott Travis(スコット・トラヴィス)

となっており、黄金時代のメンバーから
K.K.Downing(K.K.ダウニング) が脱退し、ギター交代している。

で、本作であるが、
イメージしている JUDAS PRIEST の音の再現って感じ。
重厚なサウンドで、ザクザクと切れの良いリフがギラリと光るもの。
正統派HM ってもののお手本ともいえる感じ。
とにかくストレートな曲調。
もうちょっとメロディアスであったり、疾走系のものがあれば良かったと思う程。
ザクザクリフはかっこよいのだが、全体的に曲が平坦で重たい感じ。
ボーカルも伸びやかな中音を朗々と歌い上げていて、80~90年代の超絶ハイトーンは見えなくはなっているが、、存在感抜群ではある。
もう少しメロディアスであれば文句ないのだけれどね。。

贖罪の化身‐デラックス・エディション-(完全生産限定盤)

贖罪の化身‐デラックス・エディション-(完全生産限定盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2014/07/23
  • メディア: CD
REDEEMER OF SOULS

REDEEMER OF SOULS

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: COLUM
  • 発売日: 2015/12/19
  • メディア: CD



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

CD購入:NAPALM DEATH『UTOPIA BANISHED』 [音楽 -洋楽-]


中古CD買ったので感想ネタ。

今回は、洋楽メタル。
イギリスのハードコア系バンド NAPALM DEATH(ナパーム・デス)
学生の頃にバンド名と気持ち悪いジャケットには認識があったが聴くには至らず。
中古屋さんで100円だったので、手に取ってみました。
1992年発売の『UTOPIA BANISHED』
NAPALM DEATH『UTOPIA BANISHED』.jpg

まずは、ジャケットね。。
これが何とも気持ち悪い。
で、音ですが簡単表現すると
「ドコドコドコドコ~ヴォー」ってもの。
メロディなんてものは皆無で、ひたすら、ザクザク&ドコドコ。
そして吐き捨てのダミ声ボーカル。
どの曲も一緒に一緒に聞こえるのは、ボクの耳が悪いんだよね。。きっと・・・
聞くに堪えない。

このジャンルはやっぱダメだわ。

Utopia Banished

Utopia Banished

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EARACHE
  • 発売日: 2012/05/14
  • メディア: CD
Utopia Banished

Utopia Banished

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Earache
  • 発売日: 2008/01/13
  • メディア: CD
Utopia Banished

Utopia Banished

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Earache Records
  • 発売日: 2006/10/10
  • メディア: CD

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - 音楽 -洋楽- ブログトップ
直メールはこちらまで
メッセージを送る
machivuitton@gmail.com